manapedia
一般動詞の活用の一覧~3人称単数~高校英語
著作名: ほりぃ
11,261 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

一般動詞の変化

一般動詞は、He、She、It、人の名前が主語となるときに、3人称単数の決まりによりその形が変化することはみなさん中学校で学んだことだと思います。
ここでは動詞の変化の決まりについて復習してみましょう。

sでおわる動詞

come → comeslike → likesとなる形ですね。
これはいわゆる一般的な形で、挙げられないほどの数があります。
ですので、これからみていく 例外的なもの以外がすべてこれに該当すると考えてください。

esでおわる動詞

go → goesmix → mixesとなる形ですね。
esでおわる単語には規則性があります。
o、s、h、xでおわる動詞にはesをつける

他にはどのようなものがあるでしょうか。
・watch → watches
・wash →washes
・push →pushes 
などがこれに該当します。

yをiに変えてes

study → studiescry → criesとなる形です。

子音+yで終わる単語は yをiに変えてesにします。「子音+y」で終わる単語のみ変化をするので、例えばstayに3単元のsをつけるとstaysとなります。

yをiに変えてes、yをiに変えてes、yをiに変えてes
覚えるまで何度も口にしましょう。せっかくですのでいまここで覚えてしまいましょう。

形が変化するもの

have → has
haveだけ例外でこのような変化をします。


最初は「?」と思うかと思いますが、慣れてくれば動揺せずに解けるようになりますのでがんばりましょう。ネイティブと会話をしていてこいつ英語わかってないなと思われる一番の理由が、この3人称単数がうまく使えないことだそうです。
グローバルな人材になる第一歩と思ってがんばりましょう!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語