manapedia
『鹿柴』現代語訳・書き下し文と解説(押韻など)
著作名: 走るメロス
22,312 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『鹿柴』

ここでは、中国の詩人「王維」が詠んだ漢詩『鹿柴』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。

白文(原文)

空山不見人

但聞人語響

返景入深林

復照青苔上

書き下し文

空山人を見ず

但人語の響きを聞くのみ
(または、"但だ聞く人語の響くを")

返景深林に入り

復た照らす青苔の上

現代語訳

人気のない寂しい山には、人の姿は見えず

ただどこからか人の声が響いてくるだけだ。

夕日の光が深い林の中に差し込んできて

また青苔の上を照らしている。

詩形

この漢詩は五つに並んだ漢字が四つの行からなる、五言絶句というスタイルをとっています。「響(キョウ)」「上(ジョウ)」が韻を踏んでいます。(押韻という)

単語解説

鹿柴鹿柴とは、鹿を囲うための柵を意味しますが、ここでは王維の別荘があった地名を指します
空山人気のないひっそりとした山
返景夕日の光
復照青苔上「太陽が上るときにその光が青苔を差していたが、そのときと同じように夕日もまた青苔を差している」というニュアンス




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。