manapedia
烈女伝『孟母断機』の現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
25,071 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『孟母断機』

ここでは中国の故事『孟母断機』の書き下し文・現代語訳と解説を行っています。

白文(原文)

孟子之少也、既学而帰、孟母方織。問曰、

「学何所至矣。」


孟子曰、

「自若也。」


孟母以刀断其織。
孟子懼而問其故。

孟母曰、

「子之廃学、若吾断欺織也
夫君子学以立名、問則広知。
是以居則安寧、動則遠害。
今而廃之、是不免於廝役、而無以離於禍患也。
何以異於織績而食、中道廃而不為。
寧能衣其夫・子、而長不乏糧食哉
女則廃其所食、男則堕於脩徳、不為窃盗、則為虜役矣。」


孟子懼、旦夕勤学不息。
師事子思、遂成天下之名儒。

書き下し文

孟子の少(わか)きとき、既に学びて帰るに、孟母方(まさ)に織る。
問ひて曰はく、

「学何(いず)れに至る所ぞ。」と。


孟子曰はく、

「自若たり」と。


孟母刀を以つてて其の織を断つ。
孟子懼(おそ)れて其の故を問ふ。
孟母曰はく、

「子の学を廃するは、吾の斯の織を断つが若きなり。
夫(そ)れ君子は学びて以て名を立て、問ひて則ち知を広む。
是(ここ)を以つて居(を)れば則ち安寧にして、動けば則ち害に遠ざかる。
今にして之を廃するは、是れ廝役(しえき)を免れずして、以つて禍患より離るる無きなり。
何を以つて織績して食するに、中道にして廃して為さざるに異ならんや。
寧(いず)くんぞ能く其の夫・子に衣(き)せて、長く糧食に乏しからざらしめんや。
女則ち其の食する所を廃し、男則ち徳を脩(をさ)むるを堕(おこた)れば、窃盗を為さずんば、則ち虜役と為らん。」と。


孟子懼(おそ)れて、旦夕学に勤めて息(や)まず。
子思に師事し、遂に天下の名儒と成れり。

次ページ:現代語訳と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。