manapedia
孟子『何必曰利』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
48,440 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

孟子『何必曰利』

ここでは、孟子の中の『何必曰利』の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。

白文(原文)

孟子見梁恵王。王曰、

不遠千里而来。亦将有以利吾国乎。」



孟子対曰、

「王何必曰利有仁義而已矣。王曰何以利吾国、大夫曰何以利吾家、士庶人曰何以利吾身、上下交征利而国危矣。万乗之国其君者、必千乗之家。千乗之国弑其君者、必百乗之家。万取千焉、千取百焉、不為不多矣。為後義而先利、不奪不厭、未有仁而遺其親者也。未有義而後其君者也。王亦曰仁義而已矣。何必曰利。」


書き下し文

孟子梁の恵王に見(まみ)ゆ。王曰はく、

「叟千里を遠しとせずして来たる。亦将に以つて吾が国を利する有らんとするか。」と。



孟子対へて曰はく、

「王何ぞ必ずしも利と曰はん。亦仁義有るのみ。王は何を以つて吾が国を利せんと曰ひ、大夫は何を以つて吾が家を利せんと曰ひ、士庶人は何を以つて吾が身を利せんと曰ひ、上下交(こもごも)利を征(と)れば国危ふし。万乗の国、其の君を弑(しい)する者は、必ず千乗の家なり。

千乗の国、其の君を弑する者は、必ず百乗の家なり。万に千を取り、千に百を取るは、多からずと為さず。苟(いやし)くも義を後にして利を先にするを為さば、奪はずんば厭(あ)かず。未だ仁にして其の親を遺つる者有らざるなり。未だ義にして其の君を後にする者有らざるなり。王亦仁義を曰はんのみ。何ぞ必ずしも利と曰はん。」と。



次ページ:現代語訳と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。