manapedia
論語『子貢問政』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
13,184 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

論語『子貢問政』

ここでは、論語の中の『子貢問政』の書き下し文、現代語訳と解説を行っています。『子貢問政』の読み方は、「子貢政(まつりごと)を問ふ」です。

白文(原文)

子貢問政。子曰、

「足、足、民。」


子貢曰、

不得已而去、於斯三者何先。」


曰、

「去兵。」


子貢曰、

「必不得已去、於斯二者何先。」


曰、

「去食。自古皆有死。民無信不立。」


書き下し文

子貢政(まつりごと)を問ふ。子曰はく、

「食を足し、兵を足し、民之を信にす。」と。


子貢曰はく、

「必ず已むを得ずして去らば、斯(こ)の三者に於(お)いて何をか先にせん。」と。


曰はく、

「兵を去らん。」と。


子貢曰はく、

「必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於いて何をか先にせん。」と。


曰はく、

「食を去らん。古(いにしえ)より皆死有り。民信無くんば立たず。」と。


次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。