manapedia
論語『顔淵問仁。子曰克己復礼為仁』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
6,595 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

論語『顔淵問仁。子曰克己復礼為仁』

ここでは論語の中の『顔淵問仁。子曰克己復礼為仁』から始まる文の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。

白文(原文)

顔淵問仁。子曰、

克己復礼為仁。一日克己復礼、天下帰仁焉。為仁由己、而由人乎哉。」


顔淵曰、

「請問其目。」


子曰、

「非礼勿視。非礼勿聴。非礼勿言。非礼勿動。」


顔淵曰、

不敏、請事斯語矣。」



書き下し文

顔淵仁を問ふ。子曰はく、

「己に克ちて礼に復るを仁と為す。一日己に克ちて礼に復れば、天下仁に帰す。仁を為すは己に由る、而して人に由らんや。」と。


顔淵曰はく、

「請う其の目を問わん。」と。


子曰はく、

「礼に非ざれば視ること勿かれ。礼に非ざれば聴くこと勿かれ。礼に非ざれば言ふこと勿かれ。礼に非ざれば動くこと勿かれ。」と。


顔淵曰はく、

「回不敏なりと雖も、請う斯の語を事とせん。」と。


現代語訳(口語訳)

顔淵が仁について尋ねました。孔子先生がおっしゃるには、

「自分に打ち勝って礼に立ち返ろうとすることが仁である。一日自分に打ち勝って礼に立ち返ることをすれば、世の中はその人の人徳に帰伏するであろう。仁を実践することは自分(の振る舞い)によるのであって、どうして他人に頼るものであろうか、いやそうではない。」と。


顔淵は言いました。

「仁を実践するための要点をぜひお尋ねしたいです。」と。


孔子先生がおっしゃるには、

「礼にかなっていなければみてはいけない。礼にかなっていなければ聴いてはならない。礼にかなっていなければ言ってはいけない。礼にかなっていなければ(その)行動をしてはいけない。」と。


顔淵は言いました。

「回(私)は賢くありませんが、ぜひこの言葉を実践していきたいと思います。」と。


単語・文法解説

克己復礼己に打ち勝って礼節に立ち返る
天下「世の中、世の中の人々」を指す言葉
而由人乎哉「乎哉」で「や」と読み、「どうして〜だろうか、いやない」と訳す
「回」は顔淵の名前
不敏愚か者、賢くない者



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。