manapedia
故事成語『助長』書き下し文・わかりやすい現代語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
34,764 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『助長』

ここでは、中国の故事成語である『助長』の書き下し文と現代語訳(口語訳)、解説を行っています。助長とは「能力を伸ばすように働きかけること、急速に成長させようとして無理に力を添え、かえって成長を妨げること」を意味します。

白文(原文)

宋人有閔其苗之不長揠之者。

芒芒然帰、謂其人曰、

「今日病矣。助苗長。」

其子趨而往視之、苗則矣。

天下之不助苗長者、寡矣。


書き下し文

宋人に其の苗の長ぜざるを閔(うれ)へて之を揠(ぬ)く者有り。

茫茫然として帰り、其の人に謂ひて曰はく、

「今日病(つか)れたり。予苗を助けて長ぜしむ。」と。


其の子趨(はし)りて往きて之を視れば、苗は則ち槁(か)れたり。

天下の苗を助けて長ぜしめざる者、寡なし。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。