manapedia
平家物語原文全集「大納言流罪 3」
著作名: 古典愛好家
938 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

大納言流罪

新大納言は、さしも忝う思し召されける君にもはなれ参らせ、つかの間も去り難う思はれける北方、をさなき人々にも別れはてて、

「こは何方へとて行くやらむ。二度故郷に帰つて妻子を相見む事も有難し。一年山門の訴訟によつて流されしを、君惜しませ給ひて西の七条より召し帰されぬ。これはされば君の御戒にもあらず。こはいかにしつる事ぞや。」


と、天に仰ぎ地に伏して泣きかなしめどもかひぞなき。明ければ既に舟おし出いて下り給ふに、道すがらもただ涙に咽でながらふべしとはおぼえねど、さすが露の命は消えやらず、跡の白浪へだつれば、都は次第に遠ざかり、日数やうやう重なれば、遠国は既に近付けり。備前の児島に漕ぎ寄せて、民の家のあさましげなる柴の庵にをき奉る。島のならひ、うしろは山、前は海、磯の松風浪の音、いづれも哀れは尽きせず。


つづき



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。