manapedia
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
15,648 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』

このテキストでは、宇治拾遺物語の中の『袴垂、保昌に会ふこと』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ


昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり。十月ばかりに、衣の用なりければ、衣少しまうけむとて、さるべき所々、うかがひありきけるに、夜中ばかりに、人、みな静まり果てて後、月の朧なるに、衣、あまた着たりける主の、指貫のそば挟みて、絹の狩衣めきたる着て、ただ一人、笛吹きて、行きもやらず、練り行けば

あはれ、これこそ、我に絹得させむとて、出でたる人なめり

と思ひて走りかかりて、衣をはがむと思ふに、あやしくものの恐ろしくおぼえければ、添ひて、二、三町ばかり行けども、我に人こそ付きたれと思ひたる気色もなし。

いよいよ笛を吹きて行けば、試みむと思ひて、足を高くして、走り寄りたるに、笛を吹きながら見返りたる気色、取りかかるべくもおぼえざりければ、走り退きぬ。


かやうに、あまたたび、とざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。希有の人かなと思ひて、十余町ばかり具して行く。さりとてあらむやはと思ひて、刀を抜きて走りかかりたるときに、そのたび、笛を吹きやみて、立ち返りて、

こは、何者ぞ。

と問ふに、心も失せて、我にもあらで、つい居られぬ。また、

いかなる者ぞ。

と問へば、今は逃ぐとも、よも逃がさじとおぼえければ

引きはぎに候ふ。

と言へば、

何者ぞ。

と問へば、

字、袴垂となむ、言はれ候ふ。

と答ふれば、

さいふ者ありと聞くぞ。あやふげに、希有のやつかな。

と言ひて、

ともに、まうで来。

とばかり、言ひかけて、また、同じやうに、笛吹きて行く。

この人の気色、今は逃ぐともよも逃がさじとおぼえければ、鬼に神取られたるやうにて、ともに行くほどに、家に行き着きぬ。いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。家のうちに呼び入れて、綿厚き衣、一つを給はりて、

衣の用あらむときは、参りて申せ。心も知らざらむ人に取りかかりて、汝、過ちすな。

とありしこそ、あさましく、むくつけく、恐ろしかりしか。

いみじかりし人のありさまなり。

と、捕らへられて後、語りける。

問題

Q1:「朧」、「指貫」、「狩衣」、「稀有」、「字」、「賜りて」を現代仮名遣いで記しなさい。


Q2:「行きもやらず、練り行けば」を現代語訳しなさい。


Q3:「人なめり」のなめりを文法的に説明しなさい。


Q4:「足を高くして」とはどのようなことを指しているか答えなさい。


Q5:「取りかかるべくもおぼえざりければ」を現代語訳しなさい。


Q6:「今は逃ぐとも、よも逃がさじとおぼえければ」を現代語訳しなさい。


Q7:むくつけく」の意味を答えなさい。


次ページ:解答と現代語訳


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。