manapedia
発心集『数寄の楽人』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
4,670 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

発心集『数寄の楽人』

このテキストでは、発心集の中の『数寄の楽人』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 書籍によっては、『時光茂光の数寄天聴に及ぶ事』と題するものもあるようです。

次の文章を読み、問いに答えよ


中ごろ、市正時光といふ笙吹きありけり。茂光といふ篳篥師と囲碁を打ちて、同じ声に裹頭楽 を唱歌にしけるが、おもしろくおぼえけるほどに、内よりとみのことにて時光を召しけり。

御使ひ至りて、この由を言ふに、いかにも、耳にも聞き入れず、ただもろともにゆるぎあひて、ともかくも申さざりければ、御使ひ、帰り参りて、この由をありのままにぞ申す。いかなる御戒めかあらむと思ふほどに、

いとあはれなる者どもかな。さほどに楽にめでて、何ごとも忘るばかり思ふらむこそ、いとやむごとなけれ。王位は口惜しきものなりけり行きてもえ聞かぬこと

とて、涙ぐみ給へりければ、思ひのほかになむありける。

これらを思へば、この世のこと思ひ捨てむことも、数寄はことにたよりとなりぬべし。

問題

Q1:「笙」、「篳篥」を現代仮名遣いで記しなさい。


Q2:「とみのこと」の文章中での意味を答えなさい。


Q3:「御使ひ至りて、この由を言ふに」の「この由」とはどのようなことを指すか答えなさい。


Q4:「もろともに」とは誰と誰のことを指すか答えなさい。


Q5:「何ごとも忘るばかり思ふらむこそ」の「こそ」の結びを文中より抜き出しなさい。


Q6:「王位は口惜しきものなりけり」とあるが、帝がこのように口にした理由を文中より抜き出しなさい。


Q7:「行きてもえ聞かぬこと」を現代語訳しなさい。


次ページ:解答と現代語訳


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。