manapedia
英語の省略 何度も出てくる言葉は省略する
著作名: ほりぃ
6,425 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

英語には、同じ事は繰り返し言わずに省略する傾向があります。

「本当は行きたくなかったんだけど、昨日病院に行ってきたよ。」
I went to the hospital, though I didn't want to go to the hosiptal.

この文章で病院に行くを2回使ってますね。日本語ではこれ以上省略しようがないですが、英語ではこれを1つ省略します。

I went to the hospital, though I didn't want to.

面倒くさいので省略できることは省略する。英語圏らしい発想ですね。
もう1つみてみましょう。

「彼の家と私の家は学校の近くにあります」
His house and my house are near the school.

ここではが2回使われていますね。省略できるものは省略しちゃいましょう。
His house and mine are near the school.

今回は「私の家」だったのでmineと言葉を変えました。
「彼の家とジョージの家は学校の近くにあります」だとしたらどうなるでしょうか?

His house and George's house are near the school.
これを省略するとHis house and George's are near the school.となります。


このように、英語は省略できるものは省略して文章を短くすることが好まれます。省略しすぎて相手に意味が伝わらなければ問題ですけどね。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語