manapedia
宇治拾遺物語『絵仏師良秀』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
39,310 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

宇治拾遺物語『絵仏師良秀』

宇治拾遺物語『絵仏師良秀』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ


これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり。家の隣より火いできて、風おしおほひてせめければ、逃げいでて大路へいでにけり。人のかかする仏もおはしけり。また、衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり。それも知らず、ただ逃げいでたるをことにして、向かひのつらに立てり。見れば、すでにわが家に移りて、けぶり・炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちてながめければ、

「あさましきこと
。」

とて、人ども来とぶらひけれど、騒がず。

「いかに。」

と人言ひければ、向かひに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづきて、ときどき笑ひけり

「あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろくかきけるものかな。」

と言ふ時に、とぶらひに来たる者ども、

「こはいかに、かくては立ちたまへるぞ。あさましきことかな。もののつきたまへるか。」

と言ひければ、

なんでふもののつくべきぞ。年ごろ不動尊の火炎をあしくかきけるなり。今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。これこそせうとくよ。この道を立てて世にあらんには、仏だによくかきたてまつらば、百千の家もいできなん。わたうたちこそ、させる能もおはせねば、ものをも惜しみたまへ。」

と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。そののちにや、良秀がよぢり不動とて、今に人々愛で合へり。

問題

Q1:「さながら」、「おほかた」、「せうとく」、「わろく」、「とぶらひ」の意味を答えなさい。


Q2:「仏もおはしけり」とあるが、「おはし」を文法的に説明しなさい。


Q3:「ただ逃げいでたるをことにして、向かひのつらに立てり」の現代語訳を書きなさい。


Q4:「向かひのつらに立ちてながめければ、 あさましきこと」と「かくては立ちたまへるぞ。あさましきことかな」での「あさまし」の意味をそれぞれ記しなさい。


Q5:「うちうなづきて、ときどき笑ひけり」の主語を答えよ。またこのような行動をとった理由を文中から抜き出しなさい。


Q6:「年ごろはわろくかきけるものかな」の現代語訳を書きなさい。


Q7:「なんでふもののつくべきぞ」の現代語訳を書きなさい。


Q8:「心得つるなり」とあるが、「心得」を文法的に説明しなさい。


Q9:「この道」とは何を指すか。文中から三文字で抜き出しなさい。


Q10:「わたうたち」とは誰のことを指すか。文中から十五文字以内で抜き出しなさい。


Q11:「あざ笑ひてこそ立てりけれ」とあるが、良秀は人々に対してどのような思いを込めて笑ったのか述べよ。



次ページ:解答と現代語訳


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。