manapedia
方丈記『大火とつじ風(また治承四年四月のころ中御門京極のほどより〜)』の現代語訳
著作名: 走るメロス
7,901 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

方丈記『大火とつじ風』

ここでは、方丈記の中の『大火とつじ風』の現代語訳をしています。書籍によっては、『治承の竜巻』、『治承のつじ風』などと題されているものもあるようです。

原文(本文)

また、治承四年四月のころ、中御門京極のほどより、大きなる辻風おこりて、六条わたりまで吹けること侍りき。三、四町を吹きまくる間に、こもれる家ども、大きなるも、小さきも、ひとつとして破れざるはなし。さながら平に倒れたるもあり、桁柱ばかり残れるもあり、門を吹き放ちて四、五町がほかに置き、また垣を吹き払ひて隣とひとつになせり。いはむや、家のうちの資材、数を尽して空にあり。檜皮、葺板のたぐひ、冬の木の葉の風に乱るるがごとし。塵を煙のごとく吹き立てたれば、すべて目も見えず。おびたたしく鳴りとよむほどに、もの言ふ声も聞こえず。かの地獄の業の風なりとも、かばかりにこそはとぞおぼゆる。家の損亡せるのみにあらず、これを取り繕ふ間に、身を損なふ人、数も知らず。この風、未の方に移りゆきて、多くの人の嘆きなせり。辻風は常に吹くものなれど、かかる事やある。ただ事にあらず、さるべきもののさとしかなどぞ、疑ひ侍りし。

現代語訳(口語訳)

また、治承四年四月のころ、中御門京極のあたりから、大きな辻風が怒って、六条の辺りまで吹いたことがあった。三、四町を吹き荒れる間に、囲まれている家々は、大きい物も小さい物も、ひとつとして壊れない物はない。そのままの状態で、ぺしゃんこに倒れた家もあれば、桁や柱だけが残っているものもある。門を吹き飛ばして四、五町離れた所に置いたものもあれば、また、垣根を吹き払って隣(の家)とひとつになった物もある。まして、家の中の家財は、残らず全て空にある(舞ってしまった)。檜皮や葺板のたぐいは、(まるで)冬の時期の木の葉が風に吹かれて乱れているかのようである。塵を煙のように吹き立てるので、まったく視界も見えない。(風の音が)騒がしく鳴り響くので、物を言う声も聞こえない。あの地獄の業の風であっても、このようには(吹くことは)あるまいと思える。家が壊れたり、なくなったりしただけではない、これらを修理している間に、体を怪我する人は数知れず。この辻風は、未の方角(南南西)に移っていって、多くの人を嘆かせた。辻風は常に吹くものではあるが、このような事があるだろうか。ただ事ではない、神仏のしかるべきお告げであろうかと疑ったことです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。