manapedia
伊勢物語『通ひ路の関守』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
49,155 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『通ひ路の関守』

ここでは、伊勢物語の中の『通ひ路の関守』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

昔、男ありけり。東の五条わたりに、いと忍びて行きけり。みそかなる所なれば、門よりもえ入らで、童べの踏みあけたる築地のくづれより通ひけり。人しげくもあらねど、たび重なりければ、あるじ聞きつけて、その通ひ路に、夜ごとに人をすゑて守らせければ、行けどもえあはで帰りけり。さて詠める。

人知れぬわが通ひ路の関守は宵々ごとにうちも寝ななむ

と詠めりければ、いといたう心やみけり。あるじ許してけり。

二条の后に忍びて参りけるを、世の聞こえありければ、せうとたちの守らせ給ひけるとぞ。

現代語訳(口語訳)

昔、男がいました。東の五条の辺りに、たいそう忍んで通っていました。ひっそりとしている所なので、正面の門からは入ることができずに、子どもたちが踏みあけた築地の崩れたところから通っていました。人が多いわけではありませんでしたが、(通いが)たび重なったので、家の主人が聞きつけて、その通路に夜通し人を置いて見張らせたので、(男はその家に)行っても逢うことができずに帰ってきたのでした。そこで詠んだ(歌)

人に知られることなく私が通う道の番人は、毎晩毎晩眠っていてほしいものです

と詠んだので、(これを聞いた女は)たいそう心を病んでしまいました。(それで)主人は(男を)許したのです。

(この話は、男が)二条の后のところにお忍びで参上していたことを、世間で噂されるようになったので、(二条の后の)兄達が、(その道を家来に)見張らせたということです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。