manapedia
伊勢物語『すける物思ひ』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
28,574 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『すける物思ひ』

ここでは、伊勢物語の中の『すける物思ひ』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり。さかしらする親ありて、思ひもぞつくとて、この女をほかへ追ひやらむとす。さこそいへ、まだ追ひやらず。人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。女もいやしければ、すまふ力なし。さる間に、思ひはいやまさりにまさる。にはかに、親、この女を追ひうつ。男、血の涙を流せども、とどむるよしなし。率て出でて往ぬ。男、泣く泣く詠める。

出でていなばたれか別れの難からむありしにまさる今日は悲しも

と詠みて、絶え入りにけり。親あわてにけり。なほ思ひてこそ言ひしか、いとかくしもあらじと思ふに、真実に絶え入りにければ、まどひて願立てけり。今日の入相ばかりに絶え入りて、またの日の戌の時ばかりになむ、からうじて生き出でたりける。

昔の若人は、さるすける物思ひをなむしける。今の翁、まさにしなむや。

現代語訳(口語訳)

昔、若い男性が悪くはない女性のことを思っていました。(この男性には)おせっかいをする親がいて、(男性が女性に)恋心を痛いたら困ると、この女性を他へと追いやろうとしています。(ただ)そうは言っても、まだ追いやってはいません。(男性は)親に養われている身なので、まだ(女性をよそにやらないようにと親にお願いをする)気迫がなかったので、(親が女性をよそにやるのを)止める力もありません。女性も身分が低い身なので、(それに)あらがう力もありません。そうしているうちに、(男性の女性への)思いはいよいよ募りに募っていきます。突然、親はこの女性を追い出しました。男性は、血の涙を流しますが、(女性が出て行くのを)とどめておくすべもありません。(従者が女性を)連れて出て行ってしまいました。男性は、泣きに泣きながら(次の歌を)詠みます。

(女性が自ら)出て行ったのならば、誰が別れ難いと思いましょうか、いや思いません。(しかしそうではないので、ありし日に)勝って、今日は悲しく思います。

と詠んで、気を失ってしまいました。親はあわてました。なんといってもやはり、(男性のことを)思って言ったのですが、これほど(女性がいなくなると気絶してしまうほど、女性を思う気持ちが強い)ではあるまいと思っていたのに、本当に気を失ってしまったので、(親は)うろたえて神仏に祈りました。今日の夕暮れ時に気を失って、次の日の戌の時ほどになって、ようやく息を吹き返しました。

昔の若者は、そのような異性に対して熱の入った思い悩みをしていたのです。いまの時代の老人には、どうして(このような恋を)ができましょうか。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。