manapedia
十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
71,216 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』

ここでは十訓抄の中の『成方の笛』の現代語訳と解説をしています。書籍によっては、「成方といふ笛吹き」や「成方と名笛」、「笛吹成方の大丸」と題するものもあるようです。

原文(本文)

成方といふ笛吹きありけり。御堂入道殿より大丸といふ笛を給はりて吹きけり。めでたきものなれば、伏見修理大夫俊綱朝臣欲しがりて、

「千石に買はむ。」

とありけるを、売らざりければ、たばかりて使ひをやりて、

「売るべきの由言ひけり。」

空言を言ひつけて、成方を召して、

「笛得させむと言ひける、本意なり。」

とよろこびて、

「価は乞ふによるべし。」

とて、

「ただ買ひに買はむ。」

と言ひければ、成方色を失ひて、

「さる事申さず。」

と言ふ。


この使ひを召し迎へて、尋ねらるるに、

「まさしく申し候ふ。」

と言ふほどに、俊綱大きに怒りて、

「人を欺きすかすは、その咎軽からぬ事なり。」

とて、雑色所へ下して、木馬に乗せむとする間、成方曰はく、

「身の暇を給はりて、この笛を持ちて参るべし。」

と言ひければ、人をつけてつかはす。帰り来て、腰より笛を抜き出でて言ふやう、

「このゆゑにこそ、かかる目は見れ。情けなき笛なり。」

とて、軒のもとに下りて、石を取りて、灰のごとくに打ち砕きつ。

大夫、笛を取らむと思ふ心の深さにこそ、様々かまへけれ、今は言ふかひなければ、戒むるに及ばずして、追ひ放ちにけり。後に聞けば、あらぬ笛を大丸とて打ち砕きて、もとの大丸はささいなく吹きゆきければ、大夫のをこにてやみにけり。はじめは、ゆゆしくはやりごちたりけれど、つひに出だしぬかれにけり。

現代語訳(口語訳)

成方という笛吹きがいました。御堂入道殿より大丸というふを頂いて吹いていました。立派な物(笛)なので、伏見修理大夫俊綱朝臣が(この笛を)欲しがって、

「千石で買おう。」

といったのですが、(成方は笛を)売らなかったので、(伏見修理大夫俊綱朝臣は)たくらんで使いを(成方のもとに)やって、

「(成方が笛を)売るという旨のことを言った。」

と嘘を言うように言いつけておいて、成方を呼びつけて、

「(お前が私に)笛を渡そうと言ったのは、(私の)望むところである。」

とよろこんで、

「値段は(お前の)言い値にしよう。」

と、(そして)

「ぜひとも買おう。」

と言ったので、成方は顔色を失って、

「そのようなことは申しません。」

と言いました。


(伏見修理大夫俊綱朝臣は)この使いの者を呼びつけて、お尋ねになると、

「本当に申しました。」

と(使いの者)が言うので、俊綱はおおいに怒って、

「人を欺こうとするとは、その罪は軽くはないぞ。」

といって、(成方を)雑色所へ下げて、木馬に乗せようとする間に、成方が言うことには、

「身のお暇を頂き、この笛を持ってまいりましょう。」

と言ったので、(俊綱は成方に)人をつけてやりました。(成方が)帰ってきて、腰から笛を抜き出して言うことには、

「このせいで、このような目にあっている。薄情な笛だ。」

と、軒先に下りて、石をとって、灰のように(なるまで)打ち砕いてしまいました。


伏見修理大夫俊綱朝臣の、笛を横取りしようと思う心が強いために、いろいろな計画を練ったのですが、(笛がこなごなになってしまった)今となっては言っても仕方がないので、(成方を)罰する必要もなく、解放しました。後に聞くことには、そうではない(本物ではない)笛を大丸といって打ち砕き、本当の大丸は支障なく吹いていたので、伏見修理大夫俊綱朝臣のばかけだことだということで(この話は)済んでしまいました。はじめはひどく勢い込んでいましたが、最終的には(成方に)出し抜かれてしまいました。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。