manapedia
枕草子『ふと心劣りとかするものは』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
12,129 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

枕草子『ふと心劣りとかするものは』

ここでは、枕草子の中の『ふと心劣りとかするものは』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

ふと心劣りとかするものは、男も女も、言葉の文字いやしう使ひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ。ただ文字一つに、あやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらむ。さるは、かう思ふ人、ことにすぐれてもあらじかし。いづれをよしあしと知るにかは。されど、人をば知らじ、ただ心地にさおぼゆるなり。

いやしきこともわろきことも、さと知りながらことさらに言ひたるは、あしうもあらず。わがもてつけたるを、つつみなく言ひたるは、あさましきわざなり。また、さもあるまじき老いたる人、男などの、わざとつくろひ、ひなびたるはにくし。まさなきことも、あやしきことも、大人なるは、まのもなく言ひたるを、若き人は、いみじうかたはらいたきことに消えいりたるこそ、さるべきことなれ。

何事を言ひても、

「そのことさせむとす、言はむとす、何とせむとす。」

といふ『と』文字を失ひて、ただ

「言はむずる、里へ出でむずる。」

など言へば、やがていとわろし。まいて、文に書いては言ふべきにもあらず。物語などこそ、あしう書きなしつれば、言ふかひなく、作り人さへいとほしけれ

「ひてつ車に。」

と言ひし人もありき。

「求む。」

といふことを

「みとむ。」

なんどは、皆言ふめり。


現代語訳(口語訳)

不意に幻滅することですが、男性も女性も、言葉遣いを下品に操っているのは、何事にもましてよくないことです。ただ文字一つで、不思議なことに、上品にも下品にもなるのは、どういうわけでしょうか。そうはいうものの、こう思う人(清少納言自身)が、特に優れているというわけでもないでしょう。(とすると)何が正しくて何が良くないと判断するのでしょうか。しかし、人の考えは知りませんが、(私は)ただそのように思うのです。

下品なことも良くないことも、そうと知りながらわざと口にすることは、悪くもありません。自分の身にしみてしまっている言葉を、はばかることなく言うことは、あきれるものです。また、そのような言葉を使うべきではない年老いた人や、男性などが、ことさらにとりつくろって、田舎じみていることはよくない。よくない言葉や、みっともない言葉を、大人が、堂々と口にするのを、若い人が、たいへんいたたまれないことで消え入りたい気持ちになることは、当然のことです。


何事を言うにしても、

「そのことさせむとす、言はむとす、何とせむとす。」

(言い回しの中)から、『と』という文字をとって、ただ

「言はむずる、里へ出でむずる。」

など言うことは、よくありません。まして、手紙に(そのように)書くことは(よくないことは)言うまでもありません。物語などは、悪く書いてあれば、言うまでもなく、作者のことまで気の毒に思います。

「ひてつ車に。」

と言った人もいます。

「求む。」

ということを

「みとむ。」

などというのは、皆言口にするようです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。