manapedia
大和物語『姨捨(をばすて)』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
116,247 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

大和物語『姨捨』

ここでは、大和物語の中の『姨捨』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

信濃の国に更級といふ所に、男住みけり。若き時に親死にければ、をばなむ親のごとくに、若くより添ひてあるに、この妻の心憂きこと多くて、この姑の、老いかがまりてゐたるを常に憎みつつ、男にもこのをばの御心のさがなく悪しきことを言ひ聞かせれけば、昔のごとくにもあらず、おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。このをば、いといたう老いて、二重にてゐたり。これをなほ、この嫁、ところせがりて、今まで死なぬことと思ひて、よからぬことを言ひつつ、

「もていまして、深き山に捨て給びてよ。」

とのみ責めければ、責められわびて、さしてむと思ひなりぬ。月のいと明かき夜、

「嫗ども、いざ給へ。寺に尊きわざすなる、見せ奉らむ。」

と言ひければ、限りなく喜びて負はれにけり。高き山のふもとに住みければ、その山にはるばると入りて、高き山の峰の、下り来べくもあらぬに、置きて逃げて来ぬ。

「やや。」

と言へど、答へもせで、逃げて家に来て思ひをるに、言ひ腹立てけるをりは、腹立ちてかくしつれど、年ごろ親のごと養ひつつあひ添ひにければ、いと悲しくおぼえけり。この山の上より、月もいと限りなく明かく出でたるをながめて、夜ひと夜、寝も寝られず、悲しうおぼえければ、かく詠みたりける。

わが心なぐさめかねつ更級や姨捨山に照る月を見て

と詠みてなむ、また行きて迎へ持て来にける。それよりのちなむ、姨捨山と言ひける。なぐさめがたしとは、これが由になむありける。

現代語訳(口語訳)

信濃の国の更級という所に、男が住んでいました。(男が)若いときに両親が死んでしまったので、叔母が親のようにして、(彼の)若いときから付き添っていましたが、この男の妻が不快に思うことが多くて、この姑(男のおば)が、年をとって腰が曲がっている様子をつねに憎らしく思いながら、男にも、この叔母の心が意地悪で悪いものであると言い聞かせていたので、(男は)昔のようでは(叔母を大切にすることが)なく、粗略に扱うことが、この叔母に対して多くなっていきました。この叔母は、大変年老いて、腰が折れ曲がっていました。このことをいっそう、この嫁は窮屈に思って、よくぞ今まで死なずにいたことよと思って、(叔母に対して)よくない言葉を口にしながら、

「(叔母を)連れていらっしゃって、深い山にお捨てになってください。」

とばかり責め立てたので、(男も)責められ困って、そうしようと思うようになってしまいました。月の大変明るい夜に、

「おばあさんや、さあいらっしゃい、寺で尊い説法があるので、お見せ申し上げましょう。」

と(男が)言うと、(叔母は)この上なく喜んで背負われたのでした。(彼らは)高い山のふもとに住んでいたので、その山の遥か遠くまで入っていって、高い山の峰で、下りてくることができなさそうな所に、(叔母を)老いて逃げてきました。

「これこれ。」

と(叔母は)言うのですが、(男は)答えもしないで、逃げて家に帰ってきて(おばのことを)思っていると、(妻が叔母の悪口を言って自分の)腹を立てさせたときは、腹が立ってこのようにしたのですが、長年親のように養いながら付き添ってきたので、とても悲しく思えました。この山の上から、月が本当にこの上なく明るく出ているのを物思いにふけりながらぼんやりと見て、一晩中、寝ることもできず、悲しく思えたので、このように(歌を)詠みました。

自分の心を休めることができません、更級の姨捨山に照る月を見ていると

と詠んで、また(山へ)行って迎えて連れて戻ってきました。それからのち、(この山のことを)姨捨山といいます。慰めがたいというときに(姨捨山を引き合いに出すのは)、このことが理由なのでした。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。