manapedia
太陽系の誕生
著作名: gg佐藤
7,927 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

我々の住む地球は、銀河系の端っこにある太陽系に属しています。
この太陽系は、一体どのようにして形成されたのでしょうか。
その謎について説明してみたいと思います。
宇宙と銀河の誕生

そもそも宇宙空間は、130億年ほど前に無からビッグバンという現象を経て誕生しました。宇宙空間が膨張し冷えていく過程で、星や銀河が形成されていったと考えられています。

宇宙空間は均一ではなく、密度の大きい部分と小さい部分がありました。密度の大きい部分には、水素やヘリウムといったガスが集まるようになります。(ちなみにビッグバン当初は、水素とヘリウムしか存在していませんでした。)
ガスの集まりは密度が大きくなるにつれ、だんだん収縮し引力を伴った星となります。
このようにして星が誕生し、沢山の星からなる銀河、星雲が形成されていきました。
太陽の誕生

約46億年前、太陽の数倍の質量を持った1つの恒星が死を迎えました。
巨大な恒星はその最後に超新星爆発を起こし、星を構成する物質を周りに撒き散らします。
この爆発は、その空間に大きな歪みを与えました。

他の星が誕生するのと同じように、密度の大きい場所に爆発した恒星のチリやガスが集まり始めます。
その集まりは、中心に向かって加速度的に収縮を速め、物質の大半は中心部に集まります。中心部はその巨大な重力により圧縮され、内部は高温・高圧の状態になります。そして臨界点に達すると、核融合が始まり明るく輝くようになます。
これが太陽の始まり、原始太陽の誕生の瞬間です。

この原始太陽を中心に、惑星が形成され始めます。
いくつもの微惑星(惑星の子ども)が衝突や合体を繰り返して惑星に成長していったのです。 



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
26_197 太陽系の誕生
10分前以内
>




地学