manapedia
方丈記『養和の飢饉(また養和のころとか〜)』の現代語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
38,793 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

方丈記『養和の飢饉』

ここでは、方丈記の中の『養和の飢饉』(また養和のころとか〜)の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

また養和のころとか、久しくなりて覚えず。二年が間、世の中飢渇して、あさましきこと侍りき。あるいは春・夏日照り、あるいは秋、大風・洪水など、よからぬことどもうち続きて、五穀ことごとくならず。むなしくかへし、夏植うる営みありて、秋刈り、冬収むるぞめきはなし。これによりて、国々の民、あるひは地を捨てて境を出で、あるひは家を忘れて山に住む。さまざまの御祈りはじまりて、なべてならぬ法ども行はるれど、さらさらそのしるしなし。

京のならひ、何わざにつけても、みな、もとは、田舎をこそ頼めるに、絶えて上るものなければ、さのみやは操もつくりあへん念じわびつつ、さまざまの財物かたはしより捨つるがごとくすれども、さらに目見立つる人なし。たまたま換ふるものは、金を軽くし、粟を重くす。乞食、道のほとりに多く、憂へ悲しむ声耳に満てり。


前の年、かくの如くからうじて暮れぬ。明くる年は立ち直るべきかと思ふほどに、あまりさへ疫癘うちそひて、まさざまにあとかたなし。世の人みなけいしぬれば、日を経つつきはまりゆくさま、少水の魚のたとへにかなへり。はてには、笠うち着、足引き包み、よろしき姿したるもの、ひたすらに家ごとに乞ひ歩く。かくわびしれたるものどもの、歩くかと見れば、すなはち倒れ伏しぬ。築地のつら、道のほとりに飢ゑ死ぬるもののたぐひ、数も知らず。取り捨つるわざも知らねば、くさき香、世界に満ち満ちて、変はりゆくかたちありさま、目も当てられぬこと多かり。いはんや、河原などには、馬・車の行きかふ道だになし。

あやしき賤、山がつも力尽きて、薪さへ乏しくなりゆけば、頼むかたなき人は、自らが家をこぼちて、市に出でて売る。一人が持ちて出でたる価、一日が命にだに及ばずとぞ。あやしき事は、薪の中に、赤き丹つき、箔など所々に見ゆる木、あひまじはりけるを尋ぬれば、すべきかたなきもの、古寺に至りて仏を盗み、堂の物具を破り取りて、割り砕けるなりけり。濁悪世にしも生れ合ひて、かかる心憂きわざをなん見侍りし。

続く

現代語訳(口語訳)

また養和の頃(時代)であったでしょうか、長い時間が経ったので覚えてはいません。二年の間、世の中では食料が欠乏して、あきれるほどひどいことがありました。ある年には春と夏に日が強く照り、ある年には秋に大風や洪水などがあり、よくないことが続いて、穀物がすべて実りません。無駄に春に畑を耕し、夏に苗を植える仕事があっても、秋に刈り取り、冬に収穫をするにぎわいはありません。このために、諸国の人々は、土地を捨てて国境を越え、あるいは家を捨てて山に住む(ようになりました。)(飢饉を鎮めようと、朝廷で)さまざまな祈りがはじまり、並々ではない修法などが行われはしますが、その効果はまったくありません。京の街のならわしで、何事につけても、すべて(の物資)を、地方に頼っており、(地方の物資が)絶えて京に入ってくるものがないので、(京の人たちは)そうそう体裁をとりつくろうことができましょうか、いやできません。こらえきれなくなっては、様々な財物を片っ端から売り捨て(て食べ物と交換し)ようとしますが、まったく目をくれる人もいません。たまに交換する人は、金(の価値)を軽く、粟(の価値)を重くします。乞食が道のほとりには多く、いたるところから憂い悲しむ声が耳に入ってきました。


前年は、このようにしてやっとのことで年が暮れました。次の年には飢饉から立ち直るだろうと思っていると、そればかりか疫病まで加わって、程度がよりいっそうひどくなり、(以前の生活の)跡形もありません。世の中の人は皆、飢えきってしまったので、日が経つにつれて窮まっていく様は、少しの水の中で苦しむ魚の例えにぴったりです。ついには、笠をかぶり、足を包んで、立派な姿をしている人が、いちずに家々を乞い歩いています。このように、つらい目にあってぼけたようになっている者たちが、歩いているかと思ったら、すぐに倒れて伏せてしまいました。土塀の傍ら、道のほとりには飢え死んでいる者の類は、数えきれないほどです。死体を取り除く方法もわからないので、臭いが辺り一面に満ちて、(腐敗して)変わっていく様には、目もあてられないことが多いです。まして河原などには、(遺体があふれて)馬や牛車の進む道すらありません。


身分の低い卑しい者や山に住む者も力尽きて、薪までもが不足していくので、頼りにする方法がない人は、自分の家を壊して、(薪として)市に出して売っています。一人が持って出た薪の値段は、一日をしのぐ命にすら及ばないということです。不思議な事は、(売っている)薪の中に赤い色がつき、箔などがところどころに見える木が混じっていたのです。それを尋ねてみると、なすすべがなくなった者が、古寺に行って仏像を盗み、お堂の仏具を取り壊し、割り砕いたのでした。汚れや罪悪の世にも生まれ合わせて、このように情けない有り様を見たことでした。

続く

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。