manapedia
徒然草『世に従はん人は』の現代語訳・文法解説
著作名: 走るメロス
24,506 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

徒然草『世に従はん人は』

ここでは、徒然草の中の『世に従はん人は』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

世に従はん人は、まづ機嫌を知るべし。ついで悪しき事は、人の耳にも逆ひ、心にも違ひて、その事ならず。さやうの折節を心得べきなり。ただし、病をうけ、子産み、死ぬる事のみ、機嫌をはからず、ついで悪しとて止むことなし。生住異滅の移り変はる、まことの大事は、猛き河のみなぎり流るるがごとし。しばしも滞らず、直ちに行ひゆくものなり。されば、真俗につけて、必ず果たし遂げんと思はん事は、機嫌を言ふべからず。とかくのもよひなく、足を踏みとどむまじきなり。


春暮れて後夏になり、夏果てて秋の来るにはあらず。春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋は通ひ、秋はすなはち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり、梅もつぼみぬ。木の葉の落つるも、まづ落ちて芽ぐむにはあらず。下よりきざしつはるに堪へずして落つるなり。迎ふる気、下にまうけたるゆゑに、待ちとるついで甚だ速し。生老病死の移り来たる事、またこれに過ぎたり。四季はなほ定まれるついであり。死期はついでを待たず。死は前よりしも来たらず、かねて後ろに迫れり。人皆死あることを知りて、待つこと、しかも急ならざるに、覚えずして来たる。沖の干潟はるかなれども、磯より潮の満つるがごとし。

現代語訳(口語訳)

世の中の流れに順応しようとする人は、まず(物事を始めたり終えたりするための)適切なタイミングを知るべきです。物事のタイミングが悪いには、人のアドバイスにも耳を傾けず、気持ちにも背いて、(とりかかろうとした)事が成就しません。そのようなタイミングを理解しているべきです。ただし、病気になる、子どもを産む、死ぬことだけは、タイミングをみることなやってきて、タイミングが悪いからといって(それらが)終わることはありません。物事が生まれ、続き、変化し、滅んでいくこと、本当に大切なことは、流れの激しい川が水があふれるように流れているようなものです。(本当に大切なことは、その場に)少しもとどまることなく、すぐに実現してゆくものなのです。だからこそ、仏法についての事柄や、世俗の事柄に関して、必ず実現しようと思うことは、タイミング(が良いか悪いかといった)の話をするべきではありません。あれこれと準備をせずに、(その場にとどまって)足踏みをしていてはいけないのです。


春が終わったのちに夏となり、夏が終わったから秋がやってくるのではありません。春は次第に夏の気配を醸し出し、夏の間からすでに秋(の雰囲気)が通いだし、秋はすぐに寒くなります。10月は(春を思わせる)小春日和の天気で、草も青くなり、梅もつぼみをつけます。木の葉が散るのも、最初に葉が散ってから芽がでるのではありません。(葉の)下から(芽が出る)兆しがあって、(芽がでようとするのに)耐えられなくなって(葉は)散っていくのです。きたる変化(葉が散ること)を準備して待っている生気が、(木の)内部で準備できているので、待ち受け(葉が散ってから新芽が出)る順序がとても速いのです。生(まれて)、老(いて)、病(にかかり)、死(んでいく)が移り変わってやってくることは、またこれ(四季の変化)よりも速いのです。四季の変化はそれでも決まった順序があります。(しかし)死期は順番を待ちません。死は前からだけやってくるわけではなく、あらかじめ背後に迫っているのです。人々は皆、死があることを知っていますが、(死を)待つことは、そのように急ではないのにもかかわらず、思いがけずやってきます。(それはまさに)沖の干潟ははるか遠くに感じますが、後ろから潮が満ちてきているようなものなのです。


次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。