manapedia
徒然草『悲田院の堯蓮上人は』のわかりやすい現代語訳
著作名: 走るメロス
25,932 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

徒然草『悲田院の堯蓮上人は』

ここでは、徒然草の中の『悲田院の堯蓮上人は』の現代語訳をしています。

原文(本文)

悲田院の堯蓮上人は、俗姓は三浦の某とかや、双無き武者なり。故郷の人の来たりて、物語すとて、

吾妻人こそ、言ひつることは頼まるれ、の人は、こと受けのみよくて、実なし。」

と言ひしを、聖、

「それはさこそおぼすらめども、己は都に久しく住みて、慣れて見侍るに、人の心劣れりとは思ひ侍らず。なべて、心やはらかに、情けあるゆゑに、人の言ふほどのこと、けやけくいなび難くて、よろづえ言ひ放たず、心弱くこと受けしつ。偽りせんとは思はねど、乏しく、かなはぬ人のみあれば、おのづから、本意通らぬこと多かるべし。吾妻人は、我が方なれど、げには、心の色なく、情けおくれ、ひとへにすくよかなるものなれば、初めよりいなと言ひてやみぬ。にぎはひ、豊かなれば、人には頼まるるぞかし。」

ことわられ侍りしこそ、この聖、声うちゆがみ、荒々しくて、聖教の細やかなる理いとわきまへずもやと思ひしに、この一言の後、心にくくなりて、多かるなかに寺をも住持せらるるは、かくやはらぎたるところありて、その益もあるにこそとおぼえ侍りし。

現代語訳(口語訳)

悲田院の堯蓮上人は、俗姓を三浦のなにがしとかいう、比類の無い武者です。故郷の人が(堯蓮上人を)訪ねてきて、話すことには

「関東の人は、、口にしたことは信頼できます、都の人は、口先の返事だけは感じがよくても、誠実味がありません。

と言ったのを聞いて、堯蓮上人は(答えます。)

「あなたはそのようにお思いになっているようですが、私は都に長年住んでおりますので、(関東の人に)慣れて見ていますと、人の心が(都に競べて)ひけをとっているとは思いません。(都の人は)一般に心が穏やかで、思いやりがあるために、人が言ってくるぐらいのこと(頼んでくること)は、きっぱりと断わりにくくて、万事につけて、遠慮なく言うことができないので、気弱く引き受けてしまうのです。嘘をつこうとは思わないのですが、貧乏で、思い通りにならない人ばかりがいるので、自然と本意が思い通りにならないことが多いのでしょう。関東の人は、私の故郷ではありますが、本当は、心の優しさがなく、情け深さが少なく、むやみにまじめなものなので、初めからいやだと言ってやめてしまうのです。富があって(懐がにぎわって生活が)、豊かなので、人から信頼されるのです。」

と説明されたので(訪ねてきた人は、堯蓮上人のことを)、(関東出身の)この僧は、言葉がなまり、(言い方も)ぶっきらぼうで、仏教の細かな道理をわきまえてはいないと思っていたのですが、この一言を聞いてからは、(堯蓮上人のことが)奥ゆかしく思えて、たくさん僧がいる中でも、一寺を管理している(身分である)のには、このように優しいところがあって、その(優しさの)おかげでもあるのだろうと思われました。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。