manapedia
源氏物語『夕顔 廃院の怪(宵過ぐるほど、少し寝入り給へるに〜)』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
82,476 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

源氏物語『夕顔 廃院の怪』

ここでは、源氏物語、夕顔の章の中の『廃院の怪』(宵過ぐるほど、少し寝入り給へるに〜)の現代語訳をしています。

原文(本文)

宵過ぐるほど、少し寝入り給へるに、御枕上にいとをかしげなる女居て、

「おのがいとめでたしと見奉るをば尋ね思ほさで、かくことなることなき人を率ておはして時めかし給ふこそ、いとめざましくつらけれ。」

とて、この御かたはらの人をかき起こさむとすと見給ふ。物に襲はるる心地して、驚き給へれば、灯も消えにけり。うたて思さるれば、太刀を引き抜きて、うち置き給ひて、右近を起こし給ふ。これも恐ろしと思ひたるさまにて参り寄れり。

「渡殿なる宿直人起こして、紙燭さして参れ、と言へ。」

とのたまへば、

「いかでかまからむ、暗うて。」

と言へば、

「あな若々し。」

とうち笑ひ給ひて、手をたたき給へば、山びこの答ふる声、いと疎まし。人え聞きつけで参らぬに、この女君いみじくわななき惑ひて、いかさまにせむと思へり。汗もしとどになりて、我かの気色なり。

「もの怖ぢをなむわりなくせさせ給ふ本性にて、いかに思さるるにか。」

と右近も聞こゆ。いとか弱くて、昼も空をのみ見つるものを、いとほしと思して、「我人を起こさむ。手たたけば、山びこの答ふる、いとうるさし。ここに、しばし、近く。」

とて、右近を引き寄せ給ひて、西の妻戸に出でて、戸を押し開け給へれば、渡殿の灯も消えにけり。

風少しうち吹きたるに人は少なくて、候ふかぎり皆寝たり。この院の預かりの子、むつましく使ひ給ふ若き男、また上童一人、例の随身ばかりぞありける。召せば、御答へして起きたれば、

「紙燭さして参れ。随身も弦打ちして、絶えず声づくれ、と仰せよ。人離れたる所に心とけて寝ぬるものか。惟光朝臣の来たりつらむは。」

と問はせ給へば、

「候ひつれど仰せ言もなし、暁に御迎へに参るべき由申してなむ、まかで侍りぬる。」

と聞こゆ。このかう申す者は、滝口なりければ、弓弦いとつきづきしくうち鳴らして、「火危ふし。」と言ふ言ふ、預かりが曹司の方に去ぬなり。内裏を思しやりて、名対面は過ぎぬらむ、滝口の宿直奏し今こそ、と、推しはかり給ふは、まだいたう更けぬこそは。

続く

現代語訳(口語訳)

宵が過ぎる頃、(光源氏が)少しお眠りになっていると、お枕元にたいそう愛らしい女性がいて、

「私が(あなた様のことを)とてもすばらしいと見申し上げているのにもかかわらず、(私の元へは)訪ねようともお思いにならずに、このように取り立てて格別でもない女性(夕顔)をお連れになってご寵愛されていらっしゃることは、とても気にくわなく、耐え難く思います。」

といって、(光源氏の)お側にいる人を引き起こそうとしているのを(夢に)ご覧になります。(光源氏は)物の怪に襲われたような感じがして、はっと目をお覚ましになると、明かりも消えてしまっていました。気味悪くお思いになられたので、太刀を引き抜いて、(夕顔の)枕元にお置きになり、右近をお起こしなります。右近もまた、恐ろしいと思っている様子で(光源氏の元に)参り寄ります。

「渡殿にいる宿直人を起こして、紙燭に火をともして参れ、と言ってきなさい。」

と(光源氏が)おっしゃると、(右近は)

「どうして参ることができましょうか、暗くて(とても)。」

と言うので、(光源氏は)

「まぁ、子供っぽい」

とお笑いになって、手を叩かれると、(その音の反響する)山びこの音が、とても気味が悪く(聞こえます)。(その音を)誰も聞きつけることができずに参上しないので、この女君(夕顔)はとてもふるえうろたえて、どうしようかと思っています。汗びっしょりになって、正気を失っている様子です。

「もともと、恐れることをむやみやたらになさる方ですので、どれほど(怖いと)お思いでしょう。」

と右近も申し上げます。(光源氏も夕顔のことを、)とてもか弱くて、昼も空ばかりを見上げていたのに、気の毒であるとお思いになって、

「私が行って人を起こそう。手を叩いたら山びこが返ってくるのがとてもうっとうしい。ここに、しばらく、寄っていなさい。」

といって、右近を(夕顔の近くに)お引き寄せになって、西の妻戸に出て、戸を押し開けられると、渡殿の明かりも消えてしまっていました。風が少し吹いており、控えている人は少なく、お仕えしている者は皆寝ています。この院の管理人の子で、(光源氏が)慕ってお使いになっている若い男、また殿上童が一人、いつもの随身だけがいました。(光源氏が)お呼びになると、お答えになって起きてきたので、

「紙燭に火を灯してきなさい。随身も弦打ちをして、絶えず声を出していなさい、と命じなさい。(このように)人気がない所でよく心を許して寝ていることができるものだ。惟光がきていたがどうしたのか。」

とお尋ねになられたので、

「控えておりましたが、(光源氏からの)ご命令もなく、明け方にお迎えに参る旨を申して、退出致しました。」

と申しました。このように申すのは、滝口の武士でしたので、弓弦をたいそう(この状況に)ふさわしく鳴らして、

「火の用心」

と言いながら、管理人の部屋の方へ行くようです。(光源氏は)宮中のことをお思いになって、名対面はもう終わっているだろう、今頃は滝口の武士の宿直の奏上がある頃だろうと、推測なさるのは、まだ夜もそれほど更けてはいないからでしょう。

続く

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。