manapedia
源氏物語「若紫・北山の垣間見・若紫との出会い(あはれなる人を見つるかな。〜)」の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
92,598 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳

ここでは、源氏物語の中の『若紫(あはれなる人を見つるかな。〜)』の現代語訳をしています。「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」とする書籍もあるようです。

※前回のテキスト:「尼君、髪をかきなでつつ〜」の現代語訳と解説

原文(本文)

あはれなる人をつるかな。かかれば、このすき者どもは、かかる歩きをのみして、よくさるまじき人をも見つくるなりけり。たまさかに立ち出づるだに、かく思ひのほかなることを見るよと、をかしう思すさても、いとうつくしかりつる稚かな、何人ならむ、かの人の御代はりに、明け暮れの慰めにも見ばや、と思ふ心深うつきぬ。

現代語訳(口語訳)

素敵な人を見たものだなぁ。このよう(かわいい人が目に留まるの)であるから、この色好者たちは、このような忍び歩きばかりして、よく意外な人を見つけになるものだなぁ。偶然に出てきてさえ、このように思いがけないことに出会うものだよと、面白くお思いになります。ほんとにまあ、大変かわいらしい子であった、どのような人なのだろう、あの人の御代わりに、明け暮れの慰めに(あの子を)見たいものだ、と思う心が深くなっていきました。

品詞分解

品詞分解はこちら
源氏物語「若紫・北山の垣間見(あはれなる人を見つるかな〜)」の品詞分解

単語解説

あはれなりしみじみとかわいい、素敵だ
たまさかなり偶然である、たまたまである
をかしう形容詞「をかし」の連用形「をかしく」のウ音便。
かの人ここでは藤壺を指している
深う形容詞「深し」の連用形「ふかく」のウ音便


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。