manapedia
平家物語原文全集「小教訓 2」
著作名: 古典愛好家
1,331 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

小教訓

入道なほ腹をすゑかねて、

「経遠、兼康」


と召せば、瀬尾太郎・難波次郎参りたり。

「あの男とって庭へ引き落とせ」


とのたまへば、これらはさうなくもしたてまつらず。

「小松殿の御気色いかが候はんずらん」


と申しければ、入道相国おほいにいかって、

「よしよし、をのれらは、内府が命をばおもうして、入道が仰せをば軽うしけるごさんなれ。その上は力及ばず」


とのたまへば、この事悪しかりなんとや思ひけん、二人の者立ち上がって、大納言を庭へ引き落とし奉る。その時、入道心地よげにて、

「取って伏せておめかせよ」


とぞのたまひける。二人の者共、大納言の左右の耳に口をあてて、

「いかさまにも御声の出づべう候ふ」


とささやいて、引き伏せ奉れば、二声三声ぞおめかれける。その体、冥途にて、娑婆世界の罪人を、或いは業のはかりにかけ、或いは浄頗梨の鏡に引き向けて、罪の軽重に任せつつ、阿防羅刹が呵責すらんも、これには過ぎじとぞ見えし。蕭樊とらはれて韓彭にらぎすされたり。兆錯戮をうけ周魏罪せらる。たとへば蕭何・樊噲・韓信・彭越これらは高祖の忠臣なりしかども、小人の讒によって過敗の恥をうくとも、かやうの事をや申すべき。


つづき


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。