manapedia
風姿花伝『二十四、五』の現代語訳・内容
著作名: 走るメロス
7,292 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

風姿花伝『二十四、五』

ここでは、風姿花伝の中の『二十四、五』の現代語訳をしています。

原文(本文)

このころ、一期の芸能の定まる初めなり。さるほどに、稽古の境なり。声もすでになほり、体も定まる時分なり。されば、この道に二つの果報あり。声と身なりなり。これ二つは、この時分に定まるなり。歳盛りに向かふ芸能の生ずるところなり。さるほどに、よそ目にも、すは、上手で来たりとて、人も目に立つるなり。もと名人などなれども、当座にめづらしくして、立会勝負にも、いったん勝つときは、人も思ひ上げ、主も上手と思ひしむるなり。これ、返す返す主のため仇なり。これも、まことの花にはあらず。年の盛りと、見る人の、いったんの心の珍しき花なり。まことの目利きは見分くべし。このころの花こそ、初心と申すところなるを、きはめたるやうに主の思ひて、はや申楽にそばみたる輪説とし、いたりたる風体をすること、あさましきことなり。たとひ、人もほめ、名人などに勝つとも、これはいったん珍らしき花なりと思ひ悟りて、いよいよ物まねをもすぐにしさだめ、名を得たらん人にことをこまかに問ひて、稽古をいやましにすべし。

現代語訳(口語訳)

この時期は、生涯の芸能(の形)が定まる初期です。ですので、稽古の(内容の)変わり目となります。声変わりもすでによくなり、体つきも決まる時期です。それゆえに、芸能の道を求める者にとって、(この時期には)2つの果報(といえるもの)を得ます。声と体つきです。この2つは、この時期に定まるものです。年の盛りに、目指すべき芸能(のスタイル)が生まれるもととなります。ですので、他人の目からみて、ああ、(若い世代から)上手な人が出てきたと、人の目にもとまるのです。(一緒に演じた人が)かつての名人などであっても、その場の芸の美しさが珍しいために、演じ合いをしても、(若者が名人相手に)一度勝つことがあり、(そのために)他人も実際より高く評価し、本人も(自分は)上手だと思い込んでしまうものです。これは、どう考えても本人にとってはよくないことです。これも、本当の意味での花ではありません。(演者の)年齢が若々しいのと、見る人が珍しいと思って見るから、珍しい花と(してとらえられるのです。)思うのです。本当の目利きは(そのことを)見分けるでしょう。この二十四、五歳のころの花を、初心と申すべきですが、芸を極めたように本人が思って、はやくも猿楽の本筋を無視した勝手気ままなやり方をし、(芸の極みまで)至ったような雰囲気をだすことは、とても情けないことです。たとえ、周りの人がほめ、名人などに勝ったとしても、これは(極めたのではなく一時的な)珍しい花として(名声を受けているのだ)のものであると悟って、よりいっそう物まねを体得し、名声を得ている人に細部を尋ねて、稽古をますます積んでいくべきです。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。