manapedia
枕草子『すさまじきもの(すさまじきもの。昼吠ゆる犬〜)』のわかりやすい現代語訳と内容
著作名: 走るメロス
114,733 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

枕草子『すさまじきもの』

ここでは、枕草子の『すさまじきもの(すさまじきもの。昼吠ゆる犬〜)』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

すさまじきもの、昼吠ゆる犬。春の網代。三、四月の紅梅の衣。牛死にたる牛飼ひ。乳児亡くなりたる産屋。火おこさぬ炭櫃、地火炉。博士のうち続き女児産ませたる。方違へに行きたるに、あるじせぬ所。まいて節分などは、いとすさまじ。
 
人の国よりおこせたる文の、物なき。京のをもさこそ思ふらめ。されどそれは、ゆかしきことどもをも、書き集め、世にあることなどをも聞けば、いとよし。

人のもとにわざと清げに書きてやりつる文の、返事いまは持て来ぬらむかし、あやしう遅き、と待つほどに、ありつる文、立文をも結びたるをも、いときたなげにとりなし、ふくだめて、上に引きたりつる墨など消へて、

おはしまさざりけり。」


もしは、

「御物忌みとて取り入れず。」


と言ひて持て帰りたる、いとわびしく、すさまじ。


現代語訳(口語訳)

興ざめするもの、昼に吠える犬。春の網代。三月、四月の紅梅色の着物。牛が死んでしまった牛飼い。赤ん坊が亡くなってしまった産屋。火をおこしていない炭櫃や囲炉裏。博士が続けて、(奥さんに、跡取りとなる男の子ではなく)女の子を産ませたこと。方違えに行ったのに、おもてなしをしない所。まして節分の(時期に行う方違えでおもてなしをしない)場合は、大変興ざめです。

人が地方からよこした手紙で、贈り物がないもの(は興ざめです)。(地方の人も)京から届く手紙に贈り物が添えられていなくてはそのように思っているでしょう。しかしそういう(贈り物がセットではない京からの)手紙は、見聞きしたいと思っていることを書き集めてあり、京に起こっていることも伝え聞くことができるので、(贈り物がなくても)とてもすばらしいものです。

人の所に格別にきちんと書いて送った手紙で、今頃返事を(従者が)持ってきているでしょう、それにしても不思議と遅いわね、と待っているところに、さっき送った手紙を、(その手紙が正式な)立文であろうと、(略式の)結び文であろうと、大変汚く扱って毛羽立たせて、手紙の表に引いてあった墨なども消えて、

「(お相手は)いらっしゃいませんでした。」


とか

「物忌中なので受け取りません。」


と言って(従者が手紙を)持って帰ってきたのは、とてもやりきれなく興ざめなことです。


次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。