manapedia
大鏡『肝だめし・道長の豪胆(さるべき人は、とうより〜)』のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
170,333 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『肝だめし(道長の豪胆)』

ここでは、大鏡の中の『『肝試し・道長の豪胆』の「さるべき人は、とうより〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。

※前回のテキスト:『四条の大納言のかく何事も〜』の現代語訳

原文(本文)

さるべき人は、とうより御心魂たけく、御まもりもこはきなめりとおぼえ侍るは。

花山院の御時に、五月下つ闇に、五月雨も過ぎて、いとおどろおどろしくかきたれ雨の降る夜、帝、さうざうしとや思し召しけむ、殿上に出でさせおはしまし遊びおはしましけるに、人々、物語申しなどし給うて、昔恐ろしかりけることどもなどに申しなり給へるに、

「今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。かくひとがちなるだに、気色おぼゆ。まして、もの離れたる所などいかならむ。さあらむ所に、一人往なむや。」


仰せられけるに、

「えまからじ。」


とのみ申し給ひけるを、入道殿は、

いづくなりとも、まかりなむ。」


と申し給ひければ、さるところおはします帝にて、

「いと興あることなり。さらば行け。道隆は豊楽院、道兼は仁寿殿の塗籠、道長は大極殿へ行け。」


仰せられければ、よその君達は、便なきことをも奏してけるかなと思ふ。また、承らせ給へる殿ばらは、御気色変はりて、益なしと思したるに、入道殿は、つゆさる御気色もなくて、

「私の従者をば具し候はじ。この陣の吉上まれ、滝口まれ、一人を、

『昭慶門まで送れ。』

と仰せ言賜べ。それより内には一人入り侍らむ。」


と申し給へば、

「証なきこと。」


仰せらるるに、

げに。」


とて、御手箱に置かせ給へる小刀申して立ち給ひぬ。いま二所も、苦む苦むおのおのおはさうじぬ。

つづき
『「子四つ」と奏して〜』の現代語訳

現代語訳(口語訳)

(藤原道長のように)立派な人は、早くからご胆力が強く、神仏のご加護も強いように思われます。

花山院の御代に、五月下旬の闇夜ですが、五月雨も過ぎ去って、(雨雲が)とても気味が悪く垂れ込めて激しく雨が降る夜に、帝は物足りないとお思いになったのでしょうか、殿上の間にお出ましになられて、お遊び(管弦楽の演奏・和歌詠みなど)になられていたところ、人々がとりとめのない話を(帝に)申し上げなさって、(その話題が)昔恐ろしかったことなどにおよびなさったときに、

「今宵はとても気味が悪そうな夜であるようだ。このように人が多くてさえ、不気味な感じがする。まして、(人気のない)離れた所はどうであろう。そのような所に、一人で行くであろうか。」


と(帝が)仰ったので(人々は)

「行くことはできないでしょう。」


とのみ申し上げなさったところ、入道殿は、

「何処へでも、参りましょう。」


と申し上げなさったので、そのようなことを面白がるところのある帝ですので、

「とても面白いことだ。それならば行ってこい。道隆は豊楽院へ、道兼は仁寿院の塗籠、道長は大極殿へ行ってこい。」


と仰ったので、(命じられた道長以外の)他の君達は、(入道殿は)都合の悪いことを申し上げなさったなと思います。また、(命令を)お受けになられた殿方(道隆・道兼)は、お顔色が変わって困ったことだとお思いになっていますが、入道殿(藤原道長)は、少しもそのようなご様子もなく、

「私の家来は連れて参りますまい。この宮中の警備の者でも、滝口の武士でも(そのうちの)一人に、

『(道長を)昭慶門まで送れ。』

とご命令ください。そこから中へは一人で入りましょう。」


と申し上げなさると(帝は)、

「(一人で行ったのでは、大極殿まで行ったという)証拠がないではないか。」


とおっしゃるので、

「なるほど。」


と言って、(帝の手箱に)置いていらっしゃる小刀を申し受けてお立ちになりました。間もなくお2人も、しぶしぶそれぞれお出かけになられました。

※つづき:『「子四つ」と奏して〜』の現代語訳

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。