manapedia
大鏡『三船の才(公任の誉れ)』のわかりやすい現代語訳と解説・文法
著作名: 走るメロス
112,431 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

大鏡『三船の才(公任の誉れ)』

ここでは、大鏡の中の『三船の才・公任の誉れ』(一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。

原文(本文)

一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに、作文の舟・管絃の舟・和歌の舟と分たせ給ひて、その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、この大納言の参り給へるを、入道殿、

「かの大納言、いづれの舟にか乗らるべき。」

とのたまはすれば、

「和歌の舟に乗り侍らむ。」

とのたまひて、詠み給へるぞかし、

小倉山の風の寒ければ紅葉の錦着ぬ人ぞなき

申し受け給へるかひありてあそばしたりな。御自らものたまふなるは、

「作文のにぞ乗るべかりける。さてかばかりの詩をつくりたらましかば、名の上がらむこともまさりなまし。口惜しかりけるわざかな。さても、殿の、

『いづれにかと思ふ』

とのたまはせしになむ、我ながら心おごりせられし。」

とのたまふなる。一事の優るるだにあるに、かくいづれの道も抜け出で給ひけむは、いにしへも侍らぬことなり。


現代語訳(口語訳)

ある年、入道殿(藤原道長)が大井川で舟遊びをなさったときのことですが、(入道殿は、舟を)漢文を作る(人が乗る)舟、管絃をする(人が乗る)舟、和歌を詠む(人が乗る)舟とお分けになって、その道に優れている人々をお乗せになったとき、大納言(藤原公任)がいらっしゃったので、入道殿は、

「あの大納言は、どの舟に乗るのだろうか。」

と仰ったところ(大納言は、)

「(私は)和歌の舟に乗りましょう。」

と仰って、歌をお詠みになられました。

小倉山や嵐山から吹いてくる風が寒いので、紅葉が散って人々にかかり、錦の着物を着ていないものはいないことだよ(紅葉がかかって、誰もが皆、錦の着物を着ているように見える)


自らお願い申し上げた(自らすすんで和歌の舟に乗っただけあって)かいがあって、(見事に)お詠みになったことです。(大納言)ご自身も仰ったと聞いたのですが、

「漢文を作る舟に乗ればよかったなぁ。そしてこれぐらいの(今詠んだ歌と同レベル)の漢詩を作ったならば、名声の上がることもよりあっただろうに。残念なことです。それにしても、入道殿が、

『どの舟に乗るのか。』

と仰られたことは、(私には漢詩の才能も、管絃の才能も、和歌の才能もあると見越しての発言であり、それを聞いた私は)我ながら得意気になったものです。」

と仰られたということです。一つの事に優れることでさえ難しいのに、このようにいずれの分野でも優れていらっしゃるということは、昔(の人とくらべてみても)にもないことでございます。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。