manapedia
平家物語原文全集「西光被斬 2」
著作名: 古典愛好家
1,528 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

西光被斬

新大納言成親は、山門の騒動によって、私の宿意をばしばらくおさへられけり。そも内義支度はさまざまなりしかども、義勢ばかりでは、この謀反かなふべうも見えざりしかば、さしもたのまれたりける多田蔵人行綱、この事無益なりと思ふ心つきにけり。弓袋の料におくられたりける布共をば、直垂、帷(かたびら)に裁ちぬはせて、家子郎等どもに着せつつ、目うちしばだたいて居たりけるが、つらつら平家の繁昌する有様を見るに、当時たやすくかたぶけがたし。よしなき事にくみしてんげり。もしこの事洩れぬる物ならば、行綱まづ失はれなんず。他人の口より洩れぬ先に返り忠して、命いかうど思ふ心ぞつきにける。


同じき五月廿九日の小夜ふけがたに、多田蔵人行綱、入道相国の西八条の亭に参って、

「行綱こそ申すべき事候間、参って候へ」


と言はせければ、入道、

「常にも参らぬ者が参じたるは何事ぞ。あれ聞け」


とて、主馬判官盛国を出だされたり。

「人伝(ひとづて)には申すまじき事なり」


と言ふ間、さらばとて、入道自ら中門の廊へ出でられたり。

「夜ははるかにふけぬらむ。ただ今いかに、何事ぞや」


と宣へば、

「昼は人目のしげふ候間、夜にまぎれて参って候。このほど院中の人々の兵具をととのへ、軍兵を召され候をば、何とか聞こしめされ候ふ」


「それは、山攻めらるべしとこそ聞け」


と、いと事もなげにぞ宣ひける。行綱ちかう寄り、小声になって申しけるは、

「その儀では候はず、一向御一家の御上とこそ承候へ」


「さてそれをば法皇もしろしめされたるか」


「子細にや及び候。成親卿の軍兵召され候も、院宣とてこそ召され候へ」


俊寛がとふるまうて、康頼がかう申して、西光がと申して、などいふ事ども、はじめよりありのままにはさし過ぎて言ひ散らし、

「いとま申して」


とて出にけり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。