manapedia
平家物語原文全集「一行阿闍梨之沙汰 4」
著作名: 古典愛好家
1,243 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

一行阿闍梨之沙汰

ここに西塔の住侶、戒浄坊阿闍梨祐慶といふ悪僧あり。たけ七尺ばかりありけるが、黒革威の鎧の大荒目にかねまぜたるを、草摺ながに着なして、甲をば脱ぎ、法師原に持たせつつ、白柄の大長刀杖につき、

「あけられ候へ」


とて、大衆の中を押し分け押し分け、先座主のおはしける所へつっと参りたり。大の眼を見いからし、しばしにらまへ奉り、

「その御心でこそ、かかる御目にもあはせ給へ。とうとう召さるべう候ふ」


と申しければ、おそろしきにいそぎのり給ふ。大衆とりえ奉るうれしさに、いやしき法師原にはあらで、やんごとなき修学者どもかきささげ奉り、おめき叫んでのぼりけるに、人はかはれども、祐慶はかはらず、さき輿かいて、長刀の柄も輿のながえもくだけよととるままに、さしもさがしき東坂、平地を行くが如くなり。

つづき





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。