manapedia
平家物語原文全集「座主流 3」
著作名: 古典愛好家
1,508 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

座主流(ざすながし)

この明雲と申すは、村上天皇第七の皇子、具平親王より六代の御末、久我大納言顕通卿の御子なり。まことに無双の{碩特}、天下第一の高僧にておはしければ、君も臣も尊み給ひて、天王寺・六勝寺の別当をもかけ給へり。されども陰陽頭安倍泰親が申しけるは、

「さばかりの智者の明雲と名乗り給ふこそ心得ね。上に日月の光を並べて、下に雲あり」


とぞ難じける。仁安元年二月二十日、天台座主に成らせ給ふ。同じき三月十五日、御拝堂あり。中堂の宝蔵を開かれけるに、種々の重宝共の中に、方一尺の箱あり。白い布で包まれたり。一生不犯の座主、かの箱を開けて見給ふに、黄紙に書ける文一巻あり。伝教大師、未来の座主の名字をかねて記しおかれたり。我が名のある所まで見て、それより奥をば見ず、元のごとく巻き返しておかるる習ひなり。さればこの僧正も、さこそおはしけめ。かかる貴き人なれども、先世の宿業をばまぬかれ給はず。哀れなりし事どもなり。

つづき

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。