manapedia
悲しみを表す単語
著作名: 春樹
14,381 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

悲しみを表す単語

古典で、人の悲しみや物の哀れさを繊細に表した表現が多く目立ちます。
ここでは、悲しみを表す言葉について説明したいと思います。
あはれ

あはれには、 しみじみ心に染みる感動という意味があります。
古典で特徴的なのは、悲しさについても、心にしみるなぁという表現を持ち合わせていたということです。
他にも、かわいそうだとか物悲しさといった意味を持ち合わせています。
つらし

現代語では「辛い」と書きますが、古典では2つの意味があります。
まずは薄情だ仕打ちがむごいという意味。
そして現代語と同じように苦痛だという意味です。
嘆かし

なげかしと読みますが、これは現代語と意味が似ています。
嘆かわしい悲しいと訳せます。
痛む

これも現代語と似ています。強く悲しむ心痛すると訳します。
心憂し

つらく苦しい、や不愉快だの意味があります。
後者は現代語でも使われることがありますね。
心悲し

意味は、なんとなく悲しさが湧き出てくる物悲しいです。
夏から秋に季節が変わった時に抱くような感情ですね。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
9_197 悲しみを表す単語
10分前以内
>