manapedia
平家物語原文全集「俊寛沙汰・鵜川軍 1」
著作名: 古典愛好家
1,468 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

俊寛沙汰・鵜川軍

この法勝寺の執行と申すは、京極の源大納言雅俊の卿の孫、木寺の法印寛雅には子なりけり。祖父大納言、させる弓矢をとる家にはあらねども、あまりに腹悪しき人にて、三条坊門京極の宿所の前をば、人をもやすく通さず、常は中門にたたずみ、歯を食ひしばり怒ってぞおはしける。かかる人の孫なればにや、この俊寛も僧なれども、心も猛(たけ)く奢れる人にて、由なき謀反にもくみけるにこそ。新大納言成親卿は、多田蔵人行綱をよびて、

「御辺をば、一方の大将に頼むなり。この事しおほせつるものならば、国をも庄をも所望によるべし。まづ弓袋の料に」


とて、白布五十端送られたり。

つづき


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。