manapedia
平家物語原文全集「鹿谷 4」
著作名: 古典愛好家
1,738 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

鹿谷

東山の麓、鹿谷といふ所は、うしろは三井寺に続いて、ゆゆしき城郭にてぞありける。俊寛僧都の山庄あり。かれに常は寄り合ひ寄り合ひ、平家滅ぼさむずる謀(はかりごと)をぞ廻(めぐ)らしける。ある時、法皇も御幸なる。故少納言入道信西が子息浄憲法印御供仕(つかまつ)る。その夜の酒宴に、この由を浄憲法印に仰せ合はせられければ、

「あなあさまし、人あまた承り候ひぬ。只今もれ聞こえて、天下の大事に及び候ひなんず」


と、大きにさはぎ申されければ、新大納言気色変はりて、ざっと立たれけるが、御前に候ひける瓶子(へいじ)を、狩衣の袖にかけて引き倒されたりけるを、法皇、

「あれはいかに」


と仰せければ、大納言立ち帰りて、

「へいじ倒れ候ひぬ」


と申されける。法皇笑壺にいらせおはしまして、

「者ども参って猿楽つかまつれ」


と仰せければ、平判官康頼参りて、

「あら、あまりに平氏の多う候ふに、もて酔ひて候ふ」


と申す。俊寛僧都、

「さてそれをばいかが仕(つかまつら)むずる」


と申されければ、西光法師、

「首を取るにしかじ」


とて、瓶子の首を取ってぞ入りにける。浄憲法印あまりのあさましさに、つやつや物も申されず。返す返すもおそろしかりし事どもなり。


与力の輩誰々ぞ。近江中将入道蓮浄俗名成正・法勝寺執行俊寛僧都・山城守基兼・式部大輔雅綱・平判官康頼宗・宗判官信房・新平判官資行・摂津国源氏多田蔵人行綱を始めとして、北面の者輩多く与力したりけり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。