manapedia
平家物語原文全集「殿下乗合 1」
著作名: 古典愛好家
1,474 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

殿下乗合

さる程に、嘉応元年七月十六日、一院御出家あり。御出家の後も、万機の政(まつりごと)をきこしめされし間、院・内わく方なし。院中に近く召しつかはるる公卿、殿上人(てんじょうびと)、上下の北面にいたるまで、官位・俸禄皆身にあまるばかりなり。されども人の心のならひなれば、なほあきたらで、

「あっぱれその人のほろびたらば、その国はあきなむ。その人の失せたらば、その官にはなりなん」


など、うとからぬどちは、寄り合ひ寄り合ひささやきけり。法王も内々仰せなりけるは、

「昔より代々の朝敵を平らぐる者多しといへども、いまだかやうの事なし。貞盛・秀郷が将門を討ち、頼義が貞任・宗任を滅ぼし、義家が武衡・家衡を攻めたりしにも、勧賞おこなはれし事、受領には過ぎざりき。清盛がかく心のままにふるまふ事こそしかるべからね。これも世末になりて、王法のつきぬる故なり」


と仰せなりけれども、ついでなければ御戒(いましめ)もなし。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。