manapedia
平家物語原文全集「額打論 1」
著作名: 古典愛好家
1,578 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

額打論

さるほどに、永万元年の春の頃より、主上(しゅじょう)御不予(ごふよ)の御事と聞えさせ給ひしが、夏のはじめにもなりしかば、ことのほかに重らせ給ふ。これによつて、大蔵大輔伊吉兼盛が娘の腹に、今上一宮の二歳に成らせ給ふがましましけるを、太子に立てまゐらせ給ふべしと聞えしほどに、同じき六月廿五日、にはかに親王の宣旨下されて、やがてその夜受禅(じゅぜん)ありしかば、天下なにとなうあはてたる様なり。その時の有職の人々申し合はれけるは、本朝に童帝(どうたい)の例を尋ぬれば、清和天皇九歳にして、文徳天皇の御禅(ゆづり)をうけさせ給ふ。これはかの周公旦の成王にかはり、南面にして、一日万機の政(まつりごと)をおさめ給ひしに准(なづら)へて、外祖忠仁公、幼主を扶持し給へり。これぞ摂政のはじめなる。鳥羽院五歳、近衛院三歳にて、践祚(せんそ)あり。かれをこそ、いつしかなりと申ししに、これは二歳にならせ給ふ。先例なし。物さはがしともおろかなり

続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。