manapedia
イスラム美術と建築
著作名: エンリケ航海王子
7,857 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは優美なイスラム美術の代表例をご紹介します。

美術

アラベスク

アラベスクとはイスラム美術のひとつで、幾何学的文様を反復して作られています。
これらは宮殿やモスクの壁画を彩り、イスラム美術の象徴としてさまざまな地域に見られます。

ALT


ミニアチュール

ミニアチュールとは、鉛丹(ラテン語でminium)を顔料として描かれた精細な絵画のことです。中国美術の影響を受け発達し、イル=ハン国を通じてムガル帝国に伝わり、その地で盛んになりました。

ALT


(メフメト2世の肖像ミニアチュール)

建築

岩のドーム

岩のドームはイェルサレムにあるイスラム教の重要な寺院です。ウマイヤ朝の時代に建立され、さまざまな地域の建築技法を参考に独自のイスラム建築として成立しました。

ALT


アルハンブラ宮殿

ナスル朝によってイベリア半島のグラナダに建造された宮殿で、さまざまなアラベスクで彩られています。

ALT


タージマハル

インド=イスラム文化の代表的建築であり、インドのアグラに建立されました。ムガル帝国第5代皇帝シャー=ジャハーンが、皇后ムムターズ=マハルのためにつくった墓廟です。

ALT


おわりに

このようにイスラム美術や建築は、それぞれ地域が異なっていても、その地方の特色を取り入れながら、イスラムの価値観を共有しており、イスラム文化の強固なつながりを感じ取ることができます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史