manapedia
平家物語原文全集「祇王 6」
著作名: 古典愛好家
2,401 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇王

仏御前は、かすみがたよりはじめて、みめかたちうつくしく、声よく節も上手でありければ、なじかは舞も損ずべき。心も及ばず舞ひすましたりければ、入道相国舞にめで給ひて、仏に心を移されけり。仏御前、

「こはさればなに事さぶらふぞや。もとよりわらはは推参のものにて、出されまゐらせさぶらひしを、祇王御前の申状によってこそ、召しかへされてもさぶらふに、かやうに召し置かれなば、祇王御前の思ひ給はん心のうちはづかしうさぶらふ。はやはやいとまをたふで、出させおはしませ」


と申しければ、入道、

「すべてその儀あるまじ。ただし祇王があるを憚(はばか)るか。その儀ならば、祇王をこそ出ださめ」


とぞの給ひける。仏御前、

「それまたいかでか、さる御事さぶらふべき。諸共(もろとも)に召しおかれんだにも、心憂うさぶらふべきに、まして祇王御前を出ださせ給ひて、わらはを一人召し置かれなば、祇王御前の心のうち、はづかしうさぶらふべし。をのづから後迄(のちまで)忘れぬ御事ならば、召されてまたは参るとも、けふは暇をたまはらむ」


とぞ申しける。入道、

「なんでう其の儀あるまじ。祇王とうとう罷(まか)り出でよ」


と、お使ひかさねて三度までこそ立てられけれ。


続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。