manapedia
平家物語原文全集「祇王 5」
著作名: 古典愛好家
2,102 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇王

入道出であひ対面して、

「けふの見参は、あるまじかりつるを、祇王がなにと思ふやらん、あまりに申しすすむる間、加様(かぞう)に見参しつ。見参するほどにては、いかでか声をも聞かであるべき。今様一つうたへかし」


との給へば、仏御前、

「承りさぶらふ」


とて、今様一つぞうたふたる。

君をはじめて見るをりは 千代も経ぬべし姫小松

おまへの池なる亀岡に 鶴こそむれゐてあそぶめれ


と、おし返しおし返し、三返うたひすましたりければ、見聞(けんもん)の人々、みな耳目をおどろかす。入道もおもしろげに思ひ給ひて、

「わごぜは今様は上手でありけるよ。このぢやうでは、舞もさだめてよかるらむ。一番見ばや。つづみうち召せ」


とて召されけり。うたせて一番舞ふたりけり。


続き


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。