manapedia
平家物語原文全集「祇王 4」
著作名: 古典愛好家
2,221 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇王

仏御前は、すげなふ言はれたてまつって、既に出でんとしけるを、祇王、入道殿に申しけるは、

「あそび者の推参は、常のならひでこそさぶらへ。其の上、年もいまだ幼なふさぶらふなるが、適々思ひ立って参りさぶらふを、すげなふ仰せられて、かへさせ給はん事こそ不便(ふびん)なれ。いかばかりはづかしう、かたはらいたくもさぶらふらむ。わが立てし道なれば、人の上ともおぼえず。たとひ舞をご覧じ歌を聞こし召さずとも、御対面ばかりさぶらふて、かへさせ給ひたらば、ありがたき御情でこそさぶらはんずれ。ただ理(り)をまげて、召しかへして御対面さぶらへ」


と申しければ、入道、

「いでいでわごぜがあまりに言うことなれば、見参してかへさむ」


とて、つかひを立てて召されけり。仏御前は、すげなふ言はれたてまつって、車にのって、既に出でんとしけるが、召されて帰り参りたり。


続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。