manapedia
平家物語原文全集「祇王 2」
著作名: 古典愛好家
3,362 views
平家物語

祇王

京中の白拍子ども、祇王が幸(さいはゐ)のめでたいやうを聞いて、うらやむものもあり、そねむ者もありけり。うらやむ者共は、

「あなめでたの祇王御前の幸(さいはゐ)や。おなじあそび女とならば、誰もみなあのやうでこそありたけれ。いかさまこれは、祇といふ文字を名について、かくはめでたきやらむ。いざ我らもついてみむ」


とて、或(あるひ)は祇一とつき、祇二とつき、或(あるひ)は祇福、祇徳なんどいふ者もありけり。そねむものどもは、

「なんでう名により、文字にはよるべき。幸(さいはゐ)はただ前世の生まれつきでこそあんなれ」


とて、つかぬものもおほかりけり。


続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。