manapedia
平家物語原文全集「鱸(すずき) 3」
著作名: 古典愛好家
1,650 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

鱸(すずき)

平家かやうに繁昌せられけるも、熊野権現の御利生とぞ聞こえし。その故は、古(いにし)へ清盛公、いまだ安芸守たりし時、伊勢の海より、船にて熊野へまいられけるに、大きなる鱸(すずき)の、船に躍(おど)り入りたりけるを、先達申しけるは、

「これは、権現の御利生なり。いそぎ参るべし」


と申しければ、清盛のたまひけるは、

「昔周の武王の船にこそ、白魚は、躍り入りたりけるなれ。これ吉事なり。」


とて、さばかり十戒を保ち、精進潔斎の道なれども、調味して、家子・侍共に食はせられけり。その故にや、吉事のみうちつづいて、太政大臣まできはめたまへり。子孫の官途も、竜の雲に昇るよりは、猶すみやかなり。九代の先蹤をこえたまふこそ目出たけれ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。