manapedia
古文に出てくる品詞~形容詞~
著作名: 春樹
11,386 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

古文に出てくる品詞~形容詞~

前回は動詞について勉強をしましたね。
今回は形容詞について説明をします。
形容詞

形容詞とは、現代語と同じように事や者の状態・性質・人の感情を表す言葉で、 終止形が「~し」となります。
つまり現代語で言うと、「白い」「うつくしい」「はげしい」などの「~い」で終わるものを「~し」で終わらせて、「白し」「うつくし」「はげし」とするわけです。
ク活用とシク活用

形容詞の活用には、ク活用シク活用の二種類があります。
この2つは基本的に同じパターンで変化しますので、一緒に覚えてしまいましょう。
活用型/活用形未然形連用形終止形連体形已然形命令形
ク活用(く)けれ
ク活用(から)からかりかるかれ
シク活用(しく)しきしきしけれ
シク活用(かり)しからしかりしかるしかれ


リズムが大切です。まずは何も考えずに覚えましょう。

「白い」のように「~い」で終わり、「い」を「し」に変えるだけのもの ク活用、「うつくしい」などの「い」を取る活用 シク活用といいます。

ところで、上のまとめからは、「から」や「しかり」など、ク活用とシク活用はそれぞれ2パターンあるように思えますが、一体これはどういうことでしょうか。
カリ活用

カリ活用は、形容詞と助動詞つなげたときに、発音しやすくするために作られたものです。
例えば白からずという言葉があったとしましょう。
今勉強したように、ク活用やシク活用だけで表現するならば、「白くあらず」となるわけですが、それよりも「白からず」と言った方が発音がしやすいですよね。
このカリ活用は、ク活用、シク活用に含まれたものだと考えておいてください。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。