manapedia
平家物語原文全集「殿上闇討 5」
著作名: 古典愛好家
1,674 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇園精舎

案の如く五節果てにしかば、殿上人一同に申されけるは、

「夫雄劍(それいうけん)を帯して公宴に列し、兵杖を給て宮中を出入するは、皆是格式の礼を守る、綸命(りんめい)よしある先規なり。しかるを忠盛朝臣、或いは相伝の郞従、と号して、布衣(かうい)の兵を殿上の小庭に召し置き、或いは腰の刀を橫へ差いて、節絵の座につらなる、両条稀代いまだ聞かざる狼藉なり。事既に重畳せり。罪科尤(もっと)ものがれがたし。早く殿札をけづって、闕官(けつかん)、停任せらるべき」


由、おのおの訴へ申されければ、上皇大きに驚きおぼしめし、忠盛を召して御尋(おんたずね)あり。

続き


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。