manapedia
平家物語原文全集「殿上闇討 4」
著作名: 古典愛好家
1,741 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇園精舎

五節には、

「白薄樣、こぜむじの紙、巻上の筆、鞆絵(ともえ)かいたる筆の軸」


なんど、さまざま面白きことをのみこそうたひ舞はるるに、中比(なかごろ)太宰権師季仲卿といふ人ありけり。あまりに色の黒かりければ、見る人黒師とぞ申しける。その人いまだ蔵人頭なりし時、五節に舞はれければ、それも拍子をかへて、

「あなくろぐろ、くろき頭かな。いかなる人のうるしぬりけむ」


とぞはやけされる。また、花山院前太政大臣忠雅公、いまだ十歳と申しし時、父中納言忠宗卿にをくれたてまって、みなし子にておはしけるを、故中御門藤中納言家成卿、いまだ播磨守たりし時、婿に取って声花にもてなされければ、それも五節に、

「播磨米は、とくさかむくの葉か、人のきらを磨くは」


とぞはやけされる。

「上古にはか樣にありしかども事出(い)で来(こ)ず。末代いかがあらんずらむ、おぼつかなし」


とぞ人申しける。

続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。