manapedia
平家物語原文全集「殿上闇討 3」
著作名: 古典愛好家
1,689 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇園精舎

忠盛御前の召しに舞われければ、人々拍子をかへて、

「伊勢平氏は酢甁(すがめ)なりけり」


とぞはやされける。この人々はかけまくもかたじけなく、柏原天皇の御末とは申しながら、中ごろは都の住ひもうとうとしく、地下にのみ振舞なつて、伊勢国に住国ふかかりしかば、その国のうつは物に事よせて、伊勢平氏とぞ申しける。そのうへ忠盛目のすがまれたりければ、かやうにははやされけり。いかにすべきやうもなくして、御遊(ぎょゆう)もいまだ終わらざるに、ひそかに罷出(まかりい)でらるるとて、横だへさされたりける刀をば、紫震殿(ししんでん)の御後(ごご)にして、かたへの殿上人の見られけるところにて、主殿司(とものづかさ)を召して、預け置きてぞ出でられける。家貞待ちうけたてまって、

「さていかが候ひつる」


と申しければ、かくとも言はまほしう思はれけれども、言ひつるものならば、殿上までも屯而(やがて)切りのぼらんずる者にてある間、

「別のことなし」


とぞ答へられける。

続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。