manapedia
平家物語原文全集「殿上闇討 2」
著作名: 古典愛好家
2,509 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語

祇園精舎

其の上、忠盛の郎等、もとは一門たりし木工助平貞光が孫、進の三郎大夫家房が子、左兵衛尉家貞といふ者ありけり。薄青の狩衣(かりぎぬ)の下に、萌黄威の腹卷を着、弦袋つけたる太刀脇挟んで、殿上の小庭に畏(かしこ)まってぞ候ひける。貫首以下(かんじゅいげ)あやしみをなし、

「うつぼ柱より内、鈴の網の辺に、布衣(ほうい)の者の候は何者ぞ、狼藉(ろうぜき)なり、罷出(あまかりい)でよ」


と、六位をもつて言はせければ、家貞申しけるは、

「相伝の主備前守殿、今夜闇打ちにせられ給うふべき由承り候あひだ、そのならむ様を見んとてかくて候。えこそ罷出(まかりい)づまじけれ」


とて、畏まって候ひければ、これらをよしなしとや思はれけむ、その夜の闇打ちなかりけり。


続き

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。