manapedia
蜻蛉日記原文全集「ふる年に節分するを」
著作名: 古典愛好家
1,464 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

ふる年に節分するを

ふる年に節分するを、

「こなたに」


などいはせて

いとせめておもふ心をとしのうちに はるくることもしらせてしがな

かへりごとなし。また、

「ほどなきことを、すぐせ」


などやありけむ。

かひなくてとしくれはつるものならば はるにもあはぬみともこそなれ

こたみもなし。いかなるにかあらんと思ふほどに、

「とかういふ人あまたあなり」


ときく。さてなるべし、

われならぬ人まつならばまつといはで いたくなこしそおきつしらなみ

かへりごと、

こしもせずこさずもあらずなみよせの はまはかけつつとしをこそふれ

年(とし)せめて、

さもこそはなみのこころはつらからめ としさへこゆるまつもありけり

かへりごと、

ちとせふるまつもこそあれほどもなく こえてはかへるほどやとほかる

とぞある。あやし、なでふことぞと思ふ。風ふきあるるほどにやる。

ふくかぜにつけても物をおもふかな 大うみのなみのしづ心なく

とてやりたるに、

「きこゆべき人は、けふのことをしりてなん」


と異手(ことて)して、一葉(ひとは)ついたる枝につけたり。たちかへり、

「いとほしう」


などいひて、

わがおもふ人はたそとはみなせども なげきのえだにやすまらぬかな

などぞいふめる。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。