manapedia
蜻蛉日記原文全集「さて助に、かくてやなどさかしらがる人のありて」
著作名: 古典愛好家
1,520 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

さて助に、かくてやなどさかしらがる人のありて

さて助に、

「かくてや」


など、さかしらがる人のありて、ものいひつく人あり。八橋(やつはし)のほどにやありけん、はじめて、

かづらきやかみよのしるしふかからば ただひとことにうちもとけなん

かへりごと、こたびはなかめり。

かへるさのくもではいづこやつはしの ふみみてけんとたのむかひなく

こたみぞかへりごと、

かよふべきみちにもあらぬやつはしを ふみみてきともなにたのむらん

とかき手して書いたり。又

なにかそのかよはんみちのかたからん ふみはじめたるあとをたのめば

又、かへりごと、

たづぬともかひやなからんおほぞらの くもぢはかよふあとはかもあらじ

まけじとおもひ顔なめれば、又

おほぞらもくものかけはしなくはこそ かよふはかなきなげきをもせめ

かへし、

ふみみれどくものかけはしあやふしと おもひしらずもたのむなるかな

又やる、

なほをらん心たのもしあしたづの くもぢおりくるつばさやはなき

こたみは、

「くらし」


とてやみぬ。


しはすになりにたり。又、

かたしきしとしはふれどもさごろもの なみだにしむるときはなかりき

「ものへなん」


とて、かへりごとなし。又の日許(ばかり)、かへりごと乞(こ)ひにやりたれば、そばの木に

「みき」


とのみ書きておこせたり。やがて

我がなかはそばみぬるかとおもふまで みきとばかりもけしきばむかな

かへりごと、

あまぐもの山のはるけきまつなれば そばめるいろはときはなりけり


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。